福岡県北九州市|高~低木・苗木販売|地被類販売|園芸資材(砂利・石材製品、肥料など)販売|093-472-1912

会社案内  お問い合わせ

  • トップ
  • 初めての方へ
  • 選び方
  • 育て方
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ
  • 求人情報
  • お庭紹介
  • 園芸豆知識

ご注文・お問い合わせは093-472-1912まで

園芸辞典(な行)

夏越し

夏を越すこと。園芸の植物は外国産のものが多く、真夏と真冬の気温差が激しい日本では対策をしないと枯れてしまうこともあります。

■ポイント:半日陰に移動し、直射日光・葉焼けなどを防ぐ。加湿を避けるため、茎や葉っぱを間引きしたり、あえて水を控えたりする。弱っている植物に肥料を与えすぎてしまうと枯れる原因になってしまうので注意しましょう。

 

ナデシコ(ダイアンサス)

ナデシコ科ダイアンサス属の多年草。樹高は10㎝~60㎝で、開花期は4月~8月。花色は赤、ピンク、白、黄、複色、黒。「大和撫子」という言葉があるように日本でも有名な花。カーネーションもダイアンサス属だが、カーネーションを除いたナデシコ科の花を「ダイアンサス」と呼ぶことがある。
■日当たり:日当たりのよい場所を好みます。
■土:排水性のよい土を好みます。
■水やり:土が乾いたらたっぷりと水を与えます。
■ポイント:乾燥を好み、加湿を苦手とするので、水の与えすぎや蒸れに注意。また、鉢植えの場合、根詰まりを起こすことがありますので、定期的に大きな鉢に植え替えましょう。

 

ナンテン(南天)

常緑樹。樹高1~3mの低木。開花期は、5月~7月。秋に赤い実をつけます。
■日当たり:日当たりのいい場所を好みますが、半日陰でも生育します。日当たりが悪いと、花付き、実付きが悪くなります。
■土:基本的に土質にこだわる必要はありませんが、できれば水はけのよい腐葉土などが混ざった粘土質の土が適しています。
■水やり:庭植えの場合は、極端に乾燥する場合以外は、自然の雨だけで十分です。鉢植えの場合は、土が乾いてきたら、たっぷりと水を与えてください。
■ポイント:基本的に暖かい地域で自生する樹木ですが、耐寒性は強いため、よほど寒い地域でない限り、植栽可能です。
ナンテンの実には「ナンテニン」や「ヒゲナミン」という咳止めに効果のある成分が含まれているため、昔から実を乾燥させて薬代わりに使用したという歴史もあります。
ナンテン

 

ニオイバンマツリ

ナス科バンマツリ属の低木。樹高は30㎝~300㎝で、開花期は4月~7月。花色は紫から白へと変化する。花の咲き始めは濃い紫色をしており、それから薄い紫、最後に白色と変化するので、一つの木に紫と白の2色の花が咲いているように見える。ジャスミンに似た、爽やかな香りがある。
■日当たり:日当たりのよい場所を好みます。
■土:排水性のよい土を好みます。
■水やり:鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。庭植えの場合は土が乾燥した状態が続いた時に水を与えます。
■ポイント:日当たりを好みますが、乾燥が苦手です。真夏の直射日光や西日を避け、水切れに注意します。また、熱帯の植物なので寒さにもあまり強くはないですが、霜を避けて屋内へ取り込めば冬越しは可能です。

 

西日

午後からさす西に傾いた日差し。植物は活動時間が午前中なので、特に夏の西日は暑さが増し、植物の日焼けを起こしてしまい、場合によっては枯れてしまうこともあります。

 

ニジュウヤホシテントウ(テントウムシダマシ)

テントウムシ科マダラテントウ亜科に属する一種。アブラムシや菌類を食べる他のテントウムシと違い、ニジュウヤホシテントウは食欲旺盛で葉や果肉、特にナス科やウリ科の植物の葉を好んで食べてしまう。

■特徴:くすんだ淡褐色、または橙色の背面に28個の黒斑があり、毛が生えているため、他のテントウムシと比べるとツヤがない。葉脈を残して葉っぱを食べるので網目状の食い跡ができます。幼虫にはトゲが生えているが、小さいので見つけるのは難しい。
■対策:ナス科の植物の葉を好むので、近くにじゃがいもなどを植えないようにしましょう。葉裏をチェックして、卵があれば処分する、防虫ネットを使用するなど。殺虫剤を使用する場合は他の益虫に影響が出るものは使用しないように注意しましょう。

二年草

種をまいてから、生育・開花・枯れるまでのサイクルが、1年以上、2年近くかかる植物のこと。

代表的なものとして、カンパニュラ、ジギタリス、タチアオイなどがあります。
タチアオイ

 

日々草(ニチニチソウ)

キョウチクトウ科ニチニチソウ属の一年草。樹高は10~80㎝で、開花期は5月~11月。花色は白、赤、ピンク、紫、複色。夏から秋にかけて花が咲き、その間に毎日新しい花を咲かせることから「日々草」と呼ばれる。また、薬用植物として、抗がん剤に用いられているが素人の利用は重い症状が出るため避けた方がいい。
■日当たり:日当たり・風通しのよい場所を好みます。
■土:排水性のよい土を好みます。
■水やり:用土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。
■ポイント:乾燥には強いですが、加湿は苦手なので水の与えすぎに注意。また、直根性なので植え替えはあまりしない方がおすすめです。
日々草

 

ニーレンベルギア

ナス科ニーレンベルギア属の一年草、または多年草。樹高は3㎝~80㎝ほどで、開花期は5月~10月。花色は白、青、紫、複色。様々な品種があり、グランドカバーの植物としても利用できる。園芸品種では一年草として扱われることが多い。花の形が浅いカップのような型をしているので、別名「カップ・フラワー」とも呼ばれる。
■日当たり:日当たりのよい場所を好みます。
■土:排水性のよい土を好みます。
■水やり:鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。庭植えの場合はほとんど必要ありません。
■ポイント:通気性のよい場所で育てます。また、乾燥も少し苦手なので、夏の水やりを忘れないように注意しましょう。

 

根切り

木などの根の先端を切ること。木の勢いを抑え、花芽をつける働きがあります。また、根切りをすることで切った部分から新しい根が伸びます。

 

根腐れ

根が腐ること。水や肥料の与えすぎや、水はけの悪さが原因で根が傷みます。鉢植えは根腐れを起こしやすいので、鉢皿に水をためないように注意しましょう。

 

根詰まり

鉢植えの中で長い間植物を植えたままにして根がいっぱいになること。そのままにしておくと、葉が枯れたり、花が咲かなかったり、最悪の場合根が呼吸できずに根が枯れてしまうことがあります。
長い間土の植え替えをせず根詰まりした株は、水や栄養分の吸収が悪く、育ちにくいため新しい用土を準備し、ひと回り大きな鉢に植え替える必要があります。

 

根回し

樹木を移植する数ヶ月から1年前に前もって掘り上げる予定の根の大きさに切っておくこと。切り口から新しい細根が発生することで移植の際の植え痛みを軽減することができます。

ネムノキ(合歓木)

ネムノキ科(※マメ科に分類されることもある)ネムノキ属の高木。樹高は5m~15mで、開花期は6月~7月。花色はピンク。梅雨から夏の間に柔らかい刷毛のような、美しいピンクの花を咲かせる落葉高木。夕方の外が暗くなるころ、葉が眠るように閉じることからこの名前がついた。
■日当たり:日当たりのよい場所を好みます。
■土:排水性のよい土を好みます。
■水やり:土の表面が少し乾いたらたっぷりと水を与えます。冬は土の表面が完全に乾いたら水を与えます。
■ポイント:種や小さな苗から育てると、開花まで時間がかかるので鉢に植えてあるネムノキ等を購入するのがおすすめです。育てやすいですが、移植が難しい植物なので、庭植えで育てる場合はよく考えて植え付ける場所を選びましょう。

 

ネモフィラ

ムラサキ科ネモフィラ属の一年草。樹高は10~20㎝で、開花期は4月~5月。花色は青、複色。北アメリカやメキシコなどに10~20種ほどが分布し、春先に青空のような澄んだ青色の花を咲かせる。日本では「ひたち海浜公園」のみはらしの丘に咲くネモフィラの花が有名。
■日当たり:日当たり・風通しのよい場所を好みます。
■土:排水性のよい土を好みます。
■水やり:土が乾いたらたっぷりと水を与えます。水の与えすぎに注意。
■ポイント:乾燥気味の用土を好みます。肥料の多いものは使わず、水はけのよい土を選びましょう。手間はあまりかかりませんが、葉が茂りすぎた場合は間引きをして風通しを良くしましょう。

 

ノウゼンカズラ

つる性の落葉樹。開花期は、7月~8月。オレンジ色や赤色の花を咲かせます。

■日当たり:日当たりのいい場所を非常に好むため、必ず日当たりのいい場所に植えます。日当たりが悪いと、花がつかなくなります。
■土:排水性のよい土を好みます。
■水やり:自然の雨だけで十分です。鉢植えの場合は、土の表面が乾いてきたら、たっぷりと水を与えてください。
■ポイント:花の寿命は短いですが、育てやすく、夏に鮮やかなオレンジ色や赤色の花を咲かせるため、庭植えにとても人気のある樹木です。
ノウゼンカズラ

 

ノースポール(クリサンセマム)

キク科フランスギク属の一年草。樹高は15㎝~30㎝で、開花期は12月~5月。花色は白で中心は黄色。開花期が長く、冬の園芸植物の定番で、暑さに弱いので日本では一年草扱い。ノースポールは「北極星」という意味があるが、こぼれ種のノースポールはいい匂いはしない。

■日当たり:日当たりのよい場所を好みます。
■土:排水性のよい土を好みます。
■水やり:鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。庭植えの場合はほとんど必要ありません。
■ポイント:乾燥に強く、加湿が苦手なので、水の与えすぎや蒸れに注意。また、寄せ植えの際、ノースポールは密集していると蒸れて腐ってしまうので、剪定をして風通しをよくしましょう。

 

濃度障害

薬剤や肥料の濃度が高すぎること。塩類濃度障害とも呼ばれます。
濃度障害を起こすと、葉が枯れたり、根が傷んだりして、植物の成長が鈍ってしまいます。ひどい場合は、枯れてしまうこともあります。

 

【園芸豆知識一覧】

↑このページの先頭へ